CNSI 新分野創成センター

ブレインサイエンス研究分野

 脳科学は、個性理解や精神神経疾患の予防・治療、ブレイン・マシン・インターフェースなどの制御技術、社会制度や法律、哲学的な問いなど、多方面の自然科学や人文・社会科学との関連が深まってきています。
 ブレインサイエンス研究分野では、既存の研究分野の枠を超えて展開する新しい「ブレインサイエンス」の創成を目指しています。そのために、脳科学と関連分野の現状を把握し、新しい研究の芽を探索し、そこから将来に向けて展開される研究の方向性を見出して、それを育てていく活動を行っています。

【お知らせ】
プロジェクト募集を行っています。
詳しくは、ブレインサイエンス研究分野 ウェブサイトを参照ください。


Thy-1 promoterでGFPを発現するトランスジェニックマウスの大脳皮質切片の二光子顕微鏡画像。主に皮質5,6層の錐体細胞がGFPを発現している。


マウス海馬スライス培養の錐体細胞にsingle-cell electroporation法で色素を導入した標本を二光子顕微鏡により観察した画像。


 ⇒ブレインサイエンス研究分野 ウェブサイト