▲先頭に戻る
  • トップページ
  • 国際交流 >
  • 自然科学研究における国際的学術拠点の形成

自然科学研究における国際的学術拠点の形成

 自然科学における研究課題の多様化や科学技術の加速度的発展に対応し、国境や学術分野の境界を超えた学際的国際協力によって研究を推進することが求められています。
 自然科学研究機構では、国際戦略本部を設置し、国立天文台、核融合科学研究所、基礎生物学研究所、生理学研究所、分子科学研究所の5つの研究機関における自発的な拠点形成に向けた国際的な活動を支援するとともに、機構全体として、分野を超えた国際的学術拠点の形成を戦略的に進めています。
 国際戦略本部は、「自然科学研究者コミュニティーの国際的中核拠点形成」などを目指した国際戦略を策定し、国際活動の機構横断的かつ組織的なマネジメントを行い、研究者コミュニティーの支援と協力を得て、自然科学の新たな展開に向けた取組を推進しています。
 その取組の一つとして、国内外の研究者コミュニティーに開かれた共同研究拠点の形成を目指し、次のようなプロジェクト(主なもの)を実施しております。

シミュレーションによる「自然科学における階層と全体」に関する新たな学術分野の開拓

「自然科学における階層と全体」とは、複雑な自然現象の階層構造とそれらを全体として繋ぐ構図を理解しようとする研究テーマです。例えば、物質は分子からなり、分子は原子からなり、原子はさらに素粒子から構成されているのは御存知の通りです。しかし、それぞれの階層には、その階層特有の自然法則があり、それらを統合するだけでは全体がなかなか理解できません。このように、自然科学において階層と全体がどのように結びついているか、そして全体が何かを理解することは、自然科学研究者に与えられた究極の命題のひとつであるといえます。
 このプロジェクトでは、国立天文台、核融合科学研究所、分子科学研究所を中心に、シンポジウム等の研究交流事業、シミュレーション手法等の技術開発研究、およびその応用研究を3本柱として、共同研究や一連のシンポジウム、研究会、ワークショップを実施しています。

関連するWebサイト

シミュレーションによる「自然科学における階層と全体」