▲先頭に戻る

岡崎共通研究施設

岡崎統合バイオサイエンスセンター

岡崎統合バイオサイエンスセンターは、2000年4月に分子科学研究所、基礎生物学研究所、生理学研究所の共通施設として設立されました。大学共同利用機関法人発足後は、自然科学研究機構の共通施設となり今日に至っています。
本センターは、分子科学・基礎生物科学・生理科学などの学際領域にまたがる諸問題に対し、総合的な観点と方法論を適用、駆使し、新たなバイオサイエンスを切り開くことを目的として、3研究所に属する研究者が「研究所の枠を超えて」集う組織です。私たちは、生命現象の基本に関する諸問題を分子レベルから細胞、組織、個体レベルまで統合的に捉え、独創的な研究を展開しています。

計算科学研究センター


(SupercomputerFUJITSUVPP5000)

計算科学研究センターは、我が国唯一の分子科学計算のための共同利用基盤センターとしての経験を活かし、分子科学計算に加えて分子科学―生物の境界領域に展開を図る岡崎共通研究施設です。岡崎3研究所はもちろん、国内外の分子科学研究者、バイオサイエンス研究者に対して大学等では処理が困難な大規模な計算処理環境を提供する共同利用施設としての基盤強化を目指しています。

動物実験センター

動物実験センターは、岡崎3研究所共通の研究施設として、位置づけられています。動物実験センターでは、実験動物の飼養保管と供給、系統の保存と併せて動物実験の指導、条件整備等といった研究環境の一層の充実を図ることを目指しています。各種プロジェクト型の研究にも対応し、機構における研究基盤の強化に日々努めています。

アイソトープ実験センター


(放射線総合監視システム)

機構における岡崎三機関の研究基盤強化を図るため、非密封アイソトープ使用施設の管理・運営をアイソトープ実験センターに集約しています。岡崎三機関の研究者および共同利用研究者のアイソトープ使用者に対して適正な使用と廃棄の指導を行い、使用の効率化と安全の徹底を図っています。

共通施設

岡崎情報図書館


岡崎コンファレンスセンター


共同利用研究者宿泊施設