▲先頭に戻る

NINS Colloquium

NINS/IURIC Colloquium 2015

開催概要
テ  ー  マ : 学術研究の将来
日     時 : 平成27年12月1日(火)~3日(木)
会     場 : ヤマハリゾート「つま恋」(〒436-0011 静岡県掛川市満水2000)
参加者募集要項   応募受付は2015年10月28日(水)をもちまして締め切りました。
開催趣旨
自然科学研究機構では、これまで、自然科学の様々な分野の研究者が集い、自然科学の現状と将来の発展について、様々な観点で議論する機会としてNINS Colloquiumを開催しておりました。機構内外の研究者の交流を促進するとともに、自然科学の将来に向けた方策を探り、新たな方策を提案することによって、自然科学研究分野全体のコミュニティの発展に寄与することを目的として開催していたものです。今回、大学共同利用機関法人4機構として、さらにその取り組みを発展させ、異分野連携、文理融合をも目指した「学術研究の将来」について語るIURIC Colloquiumとして企画を立てることとなりました。
そこで、今回、「自然科学の将来像」にとどまらず「学術研究の将来」について、さらに深く議論するために、以下のとおり開催します。
募集内容
開催日時
2015年12月1日(火)13:30 ~ 12月3日(木)12:00(予定) ※初日受付時間:12:00~13:30
開催場所
ヤマハリゾート「つま恋」(〒436-0011 静岡県掛川市満水2000)
テーマ
学術研究の将来
プログラム
下記参照(内容は今後変更の可能性があります)
募集人数
15名(予定)
応募資格
研究者、大学院学生で、開催期間の3日間参加できる方。
学術研究の将来像について幅広く議論するために、自然科学にとどまらず、人文社会科学も含めた研究者で、討論に意欲的に参加頂ける方の参加も歓迎します。
参加者の選考等
申込者数が募集予定人数を超えた場合は、参加者の選考を行います。選考は、自然科学研究機構が、応募者の希望と専門分野等を勘案し、各分科会のテーマや参加者数のバランスを考慮の上、行います。なお、選考結果は申込み締切り後、11月初旬に応募者にメールでご連絡します。
参加申込み方法
参加申込書に必要事項をご記入いただき、応募の電子メールに添付の上、次のアドレスまでメールをお送りください。
応募期限
応募受付は2015年10月28日(水)をもちまして締め切りました。
NINS/IURIC Colloquium 2015の構成
自然科学分野の研究者を中心としたクローズドの討論会であり合宿スタイルで、講演、分科会及び全体総括を行います。詳細は次のとおりです。
(1) 講演
講演は、分科会の各テーマに関連した内容で行います。「学術研究の将来」を主要テーマに他の分野の方にもわかりやすい内容となっております。
(2) 分科会
分科会は、様々な分野の研究者20名程度で構成し、それぞれの分科会においてまとめ役を中心にブレインストーミングを行います。今回は、「1.数理モデルを用いた生命システムの理解」「2.地球環境と生命の共進化」「3.物理理解から人間理解へ -人間・社会・文化の理解を目指して-」のテーマに基づき、議論します。
※3.は今回の募集対象外となります。
(3) 全体総括
NINS/IURIC Colloquium 2015としての全体総括を行います。
経費負担
参加費
無料
旅 費
  • 自然科学研究機構の旅費規程に基づき支給します。
  • なお、JR掛川(東海道新幹線停車)駅及び岡崎3機関と会場間は、機構手配のバスを利用いただきます。
  • バス利用されない場合、ホテルまでの運賃は特別な理由がない限り負担できませんのでご注意ください。
  • 会議開催中の参加者の宿泊料及び食事代(第1日目及び3日目の昼食は含まれません。)は、自然科学研究機構が負担します。
  • 第1日目及び第2日目の夕食の際の飲み物(アルコール、ソフトドリンク等)の代金は参加者各自でご負担いただきます。
託児室の利用
託児サービス支援業者に委託し、以下のとおりホテル(ヤマハリゾート「つま恋」)内に託児室を設置しますので、ご希望の参加者の方は、ご利用いただけます。
開設日時
2015年12月1日(火) 12:00~18:00
2015年12月2日(水)  8:00~18:00
2015年12月3日(木)  8:00~12:30
対  象
0歳児から6歳まで(未就学児)
利用料金
無料
そ の 他
詳細については、選考結果の通知後にお知らせいたします。

 ※託児サービスは無料ですが、お子様のホテルでの食事代を負担していただくことがあります。

その他
※外部資金(受託研究事業等)により人件費が支出されている研究者が応募される場合、受託研究事業等への専念義務があり、NINS/IURIC Colloquium 2015への出席が専念義務に抵触することがないように十分ご留意願います。

ご不明な点等ございましたら、NINS/IURIC Colloquium 2015事務担当までお問い合わせください。
【NINS/IURIC Colloquium 2015事務担当】
  E-mail:
  T  E  L:03-5425-1898

【参考:第2回NINS Colloquium】
(参加者)(分科会)
前回(第3回NINS Colloquium)の詳細はこちらを参照ください
オーガナイザー
小泉  周(自然科学研究機構 特任教授)
各種資料
  • 募集要項(PDF)
  • 参加申込書(Excel)
プログラム
第1日目:平成27年12月1日(火)
13:30 開会
キーノートスピーチ1
13:30-14:15 講演:「地球環境と生命の共進化 ~環境中の酸素濃度~」
田近 英一(東京大学大学院新領域創成科学研究科 教授)
-
キーノートスピーチ2
14:15-15:00 講演:「生物の歴史性と多様性:植物の生き方と情報処理」
朽津 和幸(東京理科大学理工学部応用生物科学科 教授)
-
キーノートスピーチ3
15:00-15:45 講演:「物理理解から人間理解へ ~宇宙論の視点から~」
佐藤 勝彦(自然科学研究機構 機構長)
-
15:45-16:00 休憩
特別講演(異分野連携)1
16:00-16:45 講演:「心臓有限要素解析の医療・創薬への応用」
岡田 純一(東京大学大学院新領域創成科学研究科 特任講師/株式会社UT-Heart研究所 取締役)
-
特別講演(異分野連携)2
16:45-17:30 講演:「補償光学顕微鏡からの分野間連携」
服部 雅之(自然科学研究機構基礎生物学研究所 研究員)
-
17:30-18:00 移動・休憩
18:00-20:00 夕食
20:00-21:00 ポスターセッション
第2日目:平成27年12月2日(水)
8:30-12:00 分科会
① 数理モデルを用いた生命システムの理解
座長 南部 篤(自然科学研究機構生理学研究所 教授)
鹿野 豊(自然科学研究機構分子科学研究所 特任准教授)
伊藤 淳(自然科学研究機構核融合科学研究所 助教)
② 地球環境と生命の共進化
座長 高井 研(海洋研究開発機構深海・地殻内生物圏研究分野 分野長)
③ 物理理解から人間理解へ -人間・社会・文化の理解を目指して-
座長 小磯 花絵(人間文化研究機構国立国語研究所 准教授)
磯   暁(高エネルギー加速器研究機構素粒子原子核研究所 教授)
小山 慎介(情報・システム研究機構統計数理研究所 准教授)
小泉  周(自然科学研究機構 特任教授)
12:00-13:00 昼食
13:00-17:30 分科会
① 数理モデルを用いた生命システムの理解
座長 南部 篤(自然科学研究機構生理学研究所 教授)
鹿野 豊(自然科学研究機構分子科学研究所 特任准教授)
伊藤 淳(自然科学研究機構核融合科学研究所 助教)
② 地球環境と生命の共進化
座長 高井 研(海洋研究開発機構深海・地殻内生物圏研究分野 分野長)
③ 物理理解から人間理解へ -人間・社会・文化の理解を目指して-
座長 小磯 花絵(人間文化研究機構国立国語研究所 准教授)
磯   暁(高エネルギー加速器研究機構素粒子原子核研究所 教授)
小山 慎介(情報・システム研究機構統計数理研究所 准教授)
小泉  周(自然科学研究機構 特任教授)
17:30-18:00 移動・休憩
18:00-20:00 夕食
20:00-21:00 ポスターセッション
第3日目:平成27年12月3日(木)
8:30-10:30 分科会
① 数理モデルを用いた生命システムの理解
座長 南部 篤(自然科学研究機構生理学研究所 教授)
鹿野 豊(自然科学研究機構分子科学研究所 特任准教授)
伊藤 淳(自然科学研究機構核融合科学研究所 助教)
② 地球環境と生命の共進化
座長 高井 研(海洋研究開発機構深海・地殻内生物圏研究分野 分野長)
③ 物理理解から人間理解へ -人間・社会・文化の理解を目指して-
座長 小磯 花絵(人間文化研究機構国立国語研究所 准教授)
磯   暁(高エネルギー加速器研究機構素粒子原子核研究所 教授)
小山 慎介(情報・システム研究機構統計数理研究所 准教授)
小泉  周(自然科学研究機構 特任教授)
10:30-10:45 休憩
10:45-12:00 全体総括
12:00 閉会
予稿集
  • 予稿集(PDF)
お問い合わせ
NINS/IURIC Colloquium 2015事務担当・問い合わせ先
 大学共同利用機関法人自然科学研究機構 事務局企画連携課企画連携係
 〒105-0001
 東京都港区虎ノ門4-3-13 ヒューリック神谷町ビル2階
 TEL:03-5425-1898
 FAX:03-5425-2049
 E-mail: