▲先頭に戻る
  • トップページ
  • お知らせ・イベント概要 >
  • 分子生物学フォーラム

分子生物学フォーラム

自然科学研究機構分子生物学フォーラム in 東京

開催概要

テ ー マ 等:

自然科学研究機構分子生物学フォーラム in 東京
ワトソンとスタイツが語る未来の生命科学 DNA→RNA→?
プランナー : 立花 隆
日    時: 2008年10月22日(水)13:30〜17:15
会    場: 東京大学 安田講堂
参  加  費: 無料
主     催: 大学共同利用機関法人 自然科学研究機構
(日本学術振興会外国人著名研究者招へい事業)
備     考: 同時通訳あり
プログラム
13:30〜13:40 主催者挨拶
自然科学研究機構 機構長 志村 令郎
13:40〜13:50 来賓挨拶
日本学術振興会理事長 小野 元之
13:50〜14:10 趣旨説明
立花 隆
14:10〜15:00 Lupus, Snurps and the Expanding Universe of Small RNAs
Dr. Joan A. Steitz(Professor of Molecular Biophysics and Biochemistry, Yale University)
15:15〜16:05 Personal Overview of My Life up through Sequencing My Genome
Dr.James D. Watson(Chancellor Emeritus of Cold Spring Harbor Laboratory)
16:20〜17:10 ディスカッション
進行役 立花 隆・坂野 仁(東京大学)
Dr.James D. Watson 志村令郎 Dr. Joan A. Steitz
17:10〜17:15 閉会挨拶
パンフレット
ポスター(分子生物学フォーラムin東京)

※画像をクリックするとPDFファイルが開きます。

シンポジウムの様子
講演の様子   講演の様子
講演するワトソン博士(in 東京)   講演するスタイツ博士(in 東京)
パネルディスカッションの様子    
パネルディスカッション(in 東京)    

自然科学研究機構分子生物学フォーラム in 岡崎

開催概要

テ ー マ 等:

自然科学研究機構分子生物学フォーラム in 岡崎
ワトソンとスタイツが語る未来の生命科学 DNA→RNA→?
日    時: 2008年10月24日(金)13:00〜16:10
会    場: 自然科学研究機構 岡崎コンファレンスセンター
参  加  費: 無料
主     催: 大学共同利用機関法人 自然科学研究機構
(日本学術振興会外国人著名研究者招へい事業)
備     考: 使用言語は英語のみ。
プログラム
13:00〜13:10 Opening Speech
13:10〜14:00 Small RNPs : Versatile Regulators of Gene Expression in Mammalian Cells
Dr. Joan A. Steitz(Professor of Molecular Biophysics and Biochemistry, Yale University)
recess
14:20〜15:10 Genetic Studies on Schizophrenia and Autism
Dr.James D. Watson(Chancellor Emeritus of Cold Spring Harbor Laboratory)
15:10〜16:00 Discussion
16:00〜16:10 Closing Speech
パンフレット
ポスター(分子生物学フォーラムin岡崎)

※画像をクリックするとPDFファイルが開きます。

シンポジウムの様子
講演の様子   講演の様子
講演するワトソン博士(in 岡崎)   講演するスタイツ博士(in 岡崎)
     
パネスディスカッションの様子    
パネルディスカッション(in 岡崎)    
ワトソン博士、スタイツ博士の機構来訪について

ノーベル賞受賞者 J.ワトソン博士ら来訪(紹介文)(PDF)

基生研見学の様子 生理研見学の様子
研究所見学(基礎生物学研究所) 研究所見学(生理学研究所)
   
分子研見学の様子 院生との意見交換会の様子
研究所見学(分子科学研究所) 大学院生との意見交換会
お問い合わせ

自然科学研究機構 事務局企画連携課企画連携係
問合せ先アドレス