▲先頭に戻る

機構からのお知らせ

NINS

アストロバイオロジーセンター開所式を開催

 自然科学研究機構は、新分野創成センターの「宇宙における生命」研究分野の発展的改組により、「アストロバイオロジーセンター」を本年4月に創設し、11月20日(金)に、開所式を開催しました。
 同センターは、今後、地球外生命の存在確認を目指す機構直轄の国際共同研究拠点として、第一線の外国人研究者の招へい、若手研究者の海外派遣に取り組むとともに、大学等と連携して国際的かつ先端的な共同利用・共同研究を推進し、当該分野の国際研究拠点を形成するものであり、海外との大学等との連携強化、我が国の大学における学際領域研究の連携促進と活性化に貢献することが期待されます。
 開所式には、アストロバイオロジーセンター運営委員会委員をはじめ、機構内外関係者28名が参加しました。冒頭、佐藤勝彦機構長から挨拶があり、引き続き、小松弥生文部科学省研究振興局長の祝辞を牛尾則文学術機関課長が代読、東京工業大学地球生命研究所の廣瀬敬所長が祝辞を述べられました。続いて、田村元秀センター長から同センターの概要説明が行われた後、国立天文台正門にて、看板除幕式及び記念撮影を行いました。


アストロバイオロジーセンター開所式
◆祝辞を述べる文科省牛尾学術機関課長◆祝辞を述べる東工大地球生命研究所廣瀬所長
◆田村アストロバイオロジーセンター長による概要説明◆アストロバイオロジーセンター開所式の様子
◆アストロバイオロジーセンターの看板を背景に関係者による記念撮影