▲先頭に戻る

機構からのお知らせ

NINS

第8回 自然科学研究機構 佐藤勝彦 機構長プレス懇談会を開催

 自然科学研究機構では、報道機関の方々との継続的な連携関係を目指して、本機構の最先端の研究内容や分野間連携による研究成果を紹介するとともに、イベントなどの適時な話題を提供することを目的とした機構長プレス懇談会を開催しています。今回は、アストロバイオロジーセンターを設立したことにちなみ、「光合成研究からみたアストロバイオロジーの最前線」をテーマとして、11月20日(金)に、「第8回 自然科学研究機構 佐藤勝彦 機構長プレス懇談会」を開催しました。
 当日は、科学部の記者など26人程の報道機関の方々にお集まりいただき、佐藤勝彦機構長からの挨拶の後、田村元秀 アストロバイオロジーセンター長から「アストロバイオロジーセンターについて」、伊藤繁 名古屋大学 名誉教授から「光合成の進化」、成田憲保 アストロバイオロジーセンター 特任助教から「豊富な酸素は生命存在の証拠となるか?」と題した話題提供を行い、予定時間を越える質疑応答がありました。
 話題提供終了後には、講演者及び自然科学研究機構の機構長、理事、所長、広報担当者を交えた意見交換会を行い、自然科学の今後の展望などに関し、報道機関の方々との間で活発な意見が交わされました。


第8回 自然科学研究機構 佐藤勝彦 機構長プレス懇談会
◆佐藤勝彦 自然科学研究機構 機構長◆田村元秀 アストロバイオロジーセンター長
◆伊藤繁 名古屋大学 名誉教授◆成田憲保 アストロバイオロジーセンター 特任助教
◆プレス懇談会の様子