▲先頭に戻る

自然科学研究機構シンポジウム

第13回自然科学研究機構シンポジウム

開催概要
テ ー マ : 日本のエネルギーは大丈夫か?
~ E=mc2 は人類を滅ぼすのか、救うのか・・・ ~
日   時 : 2012年9月29日(土)10:00~17:00
会   場 : 吹上ホール(メインホール)
    名古屋市千種区吹上二丁目6番3号
参 加 費 : 無料
主   催 : 大学共同利用機関法人 自然科学研究機構
Q & A  : 当日参加者の皆様から寄せられた質問に対する回答です。
  FacebookFacebook
プログラム
導入
10:00~10:20 機構長挨拶
佐藤 勝彦(自然科学研究機構長)
趣旨説明
小森 彰夫(自然科学研究機構・理事、核融合科学研究所長)
I 地球と宇宙とエネルギー
10:20~10:45 太陽活動と地球環境への影響
常田 佐久(国立天文台・教授)
資料
10:45~11:10 天体のメタンについて
林  正彦(国立天文台長)
資料
11:10~11:35 地球温暖化抑制と長期エネルギービジョンについて
湯原 哲夫(キヤノングローバル戦略研究所・研究主幹)
資料
11:35~13:00 昼休み
II とりうるオプションは?/日本の進むべき未来は?/日本の選択は?
13:00~13:25 太陽光発電等の再生可能エネルギーの課題と高効率火力発電の将来
金子 祥三(東京大学・教授)
資料
13:25~13:50 今後の原子力発電に求められる技術的方向性
山名  元(京都大学・教授)
資料
13:50~14:15 長寿命放射性廃棄物の短寿命化技術の現状と展望
大井川 宏之(日本原子力研究開発機構・研究推進室長)
資料
14:15~14:25 休憩
III 核融合エネルギーは答えとなるか?
14:25~14:50 核融合エネルギー実用化への道 -1万年続く文明のために-
小川 雄一(東京大学・教授)
-
14:50~15:15 国際熱核融合実験炉(ITER)の現状と展望
多田 栄介(日本原子力研究開発機構・上級研究主席)
資料
15:15~15:40 ヘリカル系核融合炉の現状と展望
小森 彰夫(自然科学研究機構・理事、核融合科学研究所長)
-
15:40~16:00 休憩
Ⅳ パネルディスカッション「日本のエネルギーは大丈夫か?」
16:00~16:55
司会:
立花 隆
パネリスト:
湯原 哲夫
金子 祥三
山名  元
小川 雄一
小森 彰夫
16:55~17:00 閉会の挨拶
ポスター・パンフレット
<ポスター>   <パンフレット>
第13回機構シンポジウムポスター   第13回機構シンポジウムパンフレット

※画像をクリックするとPDFファイルが開きます。

お問い合わせ

自然科学研究機構 事務局企画連携課企画連携係
問合せ先アドレス