▲先頭に戻る

自然科学研究機構シンポジウム

第14回自然科学研究機構シンポジウム

開催概要
テ ー マ : 分子が拓くグリーン未来
日   時 : 2013年3月20日(水:祝)10:00~17:35
会   場 : 学術総合センター(一橋講堂) ※リンク先はPDFです
東京都千代田区一ツ橋2-1-2 学術総合センター2階
【中  継】: 岡崎コンファレンスセンター
愛知県岡崎市明大寺町字伝馬8-1
参 加 費 : 無料
主   催 : 大学共同利用機関法人 自然科学研究機構
Q & A : 当日参加者の皆様から寄せられた質問に対する回答です。
プログラム
導入
10:00~10:05 開会挨拶
佐藤 勝彦(自然科学研究機構長)
10:05~10:20 趣旨説明
大峯 巖(分子科学研究所長)
講演
10:20~11:10 Keynote Lecture:人工光合成の現状と展望
福住 俊一(大阪大学)
-
11:10~11:40 植物のデザインに学ぶ人工光合成 ~金属錯体による酸素発生反応~
正岡 重行(分子科学研究所)
-
11:40~12:10 規則性ナノ空間で拓く未来材料
植村 卓史(京都大学)
-
12:10~13:30 昼休憩(80分)
13:30~14:00 有機薄膜太陽電池の現状と将来
平本 昌宏(分子科学研究所)
-
14:00~14:30 ハーバー・ボッシュ法を超えるアンモニア合成法は誕生するのか?
西林 仁昭(東京大学)
-
14:30~15:00 グリーンイノベーションと革新電池とのつながり
射場 英紀(トヨタ自動車株式会社)
-
15:00~15:30 休憩(30分)
15:30~16:00 グリーン化学合成研究の最先端
魚住 泰広(分子科学研究所)
-
16:00~16:50 Keynote Lecture:夢を持ち続けよう!-d-block遷移金属触媒が21世紀を救う
根岸 英一(科学技術振興機構、米国パデュー大学)
-
16:50~17:00 休憩(10分)
特別対談
17:00~17:30 根岸 英一・立花 隆
閉会
17:30~17:35 閉会の挨拶
※講演題目は全て仮題であり、講演者が変更する場合もあります。

ポスター・パンフレット
<ポスター>   <パンフレット>
第14回機構シンポジウムポスター   第14回機構シンポジウムパンフレット

※画像をクリックするとPDFファイルが開きます。

お問い合わせ

自然科学研究機構 事務局企画連携課企画連携係
問合せ先アドレス