▲先頭に戻る

自然科学研究機構シンポジウム

第15回自然科学研究機構シンポジウム

開催概要
テ ー マ :
アストロバイオロジー(宇宙における生命)
―天文・地球・生物・物理・化学の最前線研究者が熱く語る―
日   時 : 2013年10月14日(月:祝)10:00~16:30
会   場 : 学術総合センター(一橋講堂) ※リンク先はPDFです
東京都千代田区一ツ橋2-1-2 学術総合センター2階
【中  継】: 岡崎コンファレンスセンター
愛知県岡崎市明大寺町字伝馬8-1
参 加 費 : 無料
多数のご参加ありがとうございました。お陰様で無事終了いたしました。
L I V E配信: LIVE配信は終了いたしました。ご視聴ありがとうございました。
主   催 : 大学共同利用機関法人 自然科学研究機構
Q & A : 当日参加者の皆様から寄せられた質問に対する回答です。
プログラム
導入
10:00~10:05 機構長挨拶
佐藤 勝彦
自然科学研究機構 機構長
10:05~10:20 趣旨説明
観山 正見
自然科学研究機構 理事・新分野創成センター宇宙における生命研究分野長
講演
10:20~10:50 地球と生命の共進化:全球凍結イベントが生命進化を促した?
田近 英一
東京大学 教授/自然科学研究機構新分野創成センター 客員教授
-
10:50~11:20 宇宙の有機物に生命の起源を探る
小林 憲正
横浜国立大学 教授/自然科学研究機構新分野創成センター 客員教授
-
11:20~11:50 日本の火星生命探査計画提案
山岸 明彦
東京薬科大学 教授/自然科学研究機構新分野創成センター 客員教授
-
11:50~13:00 昼休み(70分)
13:00~13:30 地上生物学者からのアストロバイオロジーへの期待と要望
長谷部光泰
基礎生物学研究所 教授/自然科学研究機構新分野創成センター 教授(併任)
-
13:30~14:00 アストロバイオロジーにおけるサイズとノイズの問題
長沼  毅
広島大学 准教授/自然科学研究機構新分野創成センター 客員准教授
-
14:00~14:10 休憩(10分)
14:10~14:40 高感度電波天文観測で探る生命素材宇宙起源説
大石 雅寿
国立天文台 准教授/自然科学研究機構新分野創成センター 准教授(併任)
-
14:40~15:10 系外惑星と宇宙偏光の観測で迫る生命起源の謎
田村 元秀
東京大学 教授/自然科学研究機構新分野創成センター 客員教授
-
15:10~15:25 休憩(15分)
パネルディスカッション
15:25~16:25 立花 隆、小林 憲正、山岸 明彦、長谷部光泰、長沼 毅、大石 雅寿、田村 元秀
閉会
16:25~16:30 閉会挨拶
岡田 清孝
自然科学研究機構 理事・新分野創成センター長
※講演題目は全て仮題であり、講演者が変更する場合もあります。

ポスター・パンフレット・要旨集
<ポスター>   <パンフレット>   <要旨集>
第15回機構シンポジウムポスター   第15回機構シンポジウムパンフレット   第15回機構シンポジウム要旨集

※画像をクリックするとPDFファイルが開きます。

お知らせ

本シンポジウムは、国立大学協会の「国大協フェスタ2013」にイベント登録しております。

お問い合わせ

自然科学研究機構 事務局企画連携課企画連携係
問合せ先アドレス