▲先頭に戻る

自然科学研究機構シンポジウム

第18回自然科学研究機構シンポジウム

開催概要
テ ー マ :
生き物たちの驚きの能力に迫る
日   時 : 2015年3月22日(日)10:00~17:00
会   場 : 学術総合センター(一橋講堂)
東京都千代田区一ツ橋2-1-2 学術総合センター2階
参 加 費 : 無料
多数のご参加、ありがとうございました。お蔭様で無事終了いたしました。
後日、ご参加いただいた皆様から寄せられた質問に対する回答を掲載する予定です。
LIVE 配 信 : LIVE配信は終了いたしました。ご視聴ありがとうございました。
概   要 : 生き物の驚きの能力とそれに迫る研究者の姿を紹介すると共に、様々な立ち位置から生き物に関わる講演者を迎え、自然や生物と人との関わりあいを多様な視点から見つめなおす機会とする。
主   催 : 大学共同利用機関法人 自然科学研究機構
Q & A : 当日参加者の皆様から寄せられた質問に対する回答です。
プログラム
イントロダクション
10:00~10:05 機構長挨拶
佐藤 勝彦
自然科学研究機構 機構長
10:05~10:10 趣旨説明
山本 正幸
基礎生物学研究所 所長
講演
10:10~10:50 「環境によって性が決まる!ミジンコの不思議」
井口 泰泉
基礎生物学研究所 教授
-
10:50~11:20 「サンゴと褐虫藻の切ってもきれない関係」
高橋 俊一
基礎生物学研究所 准教授
-
11:20~12:00 「干からびても蘇る!ネムリユスリカの極限乾燥耐性」
黄川田 隆洋
農業生物資源研究所 主任研究員
-
12:00~13:30 昼休み、パネル見学(90分)
13:30~14:10 「不死の生殖細胞の不思議に迫る」
小林 悟
基礎生物学研究所 教授
-
14:10~14:50 「不思議な蝶の翅をまねた物作り~発展するバイオミメティクスの世界」
広瀬 治子
帝人株式会社 構造解析センター 形態解析グループリーダー
-
14:50~15:10 休憩(20分)
15:10~15:50 「花と虫の共進化と共生を追って」
山口 進
写真家・自然ジャーナリスト
-
15:50~16:10 「小さな生きものたちの紡ぐ大きな物語 ー 普遍と多様をつなぐ」
中村 桂子
JT生命誌研究館 館長
-
16:10~16:20 休憩(10分)
パネルディスカッション
16:20~16:55 立花 隆、中村 桂子、井口 泰泉、小林 悟、山本 正幸、他
閉会
16:55~17:00 閉会挨拶
山本 正幸
基礎生物学研究所 所長
※講演題目は全て仮題であり、講演者が変更する場合もあります。
ポスター・パンフレット・要旨集
<ポスター>   <パンフレット>   <要旨集>
第18回機構シンポジウムポスター   第18回機構シンポジウムパンフレット   第18回機構シンポジウム要旨集

※画像をクリックするとPDFファイルが開きます。

高校生記者
◆募集概要 ※今回の募集は終了しました

3月22日(日)に開催される第18回自然科学研究機構シンポジウム「生き物たちの驚きの能力に迫る」の昼休みの時間を利用しまして、当日の講演者の一人で、サンゴの白化現象の研究などに取り組んでいる自然科学研究機構 基礎生物学研究所の高橋俊一准教授とご交流頂けます。また、高橋俊一准教授の解説付きでセイタカイソギンチャクとイソギンチャク内に共生する褐虫藻の顕微鏡観察をご体験頂けます。観察結果は画像や動画としてお持ち帰り頂けます(USBメモリをご持参ください)。
シンポジウムの感想や研究者との交流の感想などを500字程度でご執筆頂き、「自然科学研究機構のウェブページ」等に掲載させて頂ける方を優先させて頂きます。

<日時・場所>

日  時: 平成27年3月22日(日)12:00~13:30(予定)
(第18回自然科学研究機構シンポジウム(10:00~17:00)の昼休み時間帯)
場  所: 学術総合センター(東京都千代田区一ツ橋2-1-2)
注意事項: 昼休みに開催されますので昼食を必ずご持参ください。また、顕微鏡観察データの持ち帰りを希望される方はUSBメモリ(4GB程度)をご持参ください。

<ご応募方法>

 1. シンポジウムへの参加申込を行ってください。
   本ページ上部「開催概要」の申込みフォームからお申込ください。

 2. 申込書に下記の内容をご記入の上、3月18日(水)までに下記宛先まで、電子メールにてご応募ください。
   当選された方には、後日直接、電子メールにて詳細をご連絡差し上げます。

申込書 「高校生記者 申込書」
ご記入内容 高校名、ご氏名、ご連絡先(できる限り電子メールを使用のこと)、事前参加登録受付番号(※)、取材内容の掲載の可否
※シンポジウム参加申込時に発行される番号(S-○○○○)

「高校生記者」宛先・お問い合わせ先:
 大学共同利用機関法人 自然科学研究機構 事務局 企画連携課 企画連携係
 TEL:03-5425-1899 FAX:03-5425-2049 e-mail:問合せ先アドレス

お知らせ

本シンポジウムは、文部科学省の研究大学強化促進事業の支援を受けて行われます。

自然科学研究機構シンポジウム メールマガジン

自然科学研究機構では、自然科学研究機構シンポジウムに関する情報を中心に、機構の活動や国立天文台・核融合科学研究所・基礎生物学研究所・生理学研究所・分子科学研究所のイベントなども紹介するメールマガジンを発行しております(不定期発行)。
配信を希望される方は、下記よりご登録ください。

自然科学研究機構シンポジウム・メールマガジン(無料)

お問い合わせ

自然科学研究機構 事務局企画連携課企画連携係
問合せ先アドレス