▲先頭に戻る

自然科学研究機構シンポジウム

第19回自然科学研究機構シンポジウム

開催概要
テ ー マ :
宇宙から脳まで 自然科学研究の”ビッグバン”
-コンピューターが切り開く自然科学の未来-
日   時 : 2015年9月20日(日)13:00~18:00
会   場 : 名古屋大学豊田講堂
愛知県名古屋市千種区不老町
参 加 費 : 無料(一般むけ公開シンポジウム)
多数のご参加、ありがとうございました。お蔭様で無事終了いたしました。
LIVE 配 信 : LIVE配信は終了いたしました。ご視聴ありがとうございました。
概   要 : この広い宇宙の中で、どうやって地球は誕生したのでしょう?宇宙で最初の星は、どうやって作られたのでしょう?脳の中で情報はどのように行きかっているのでしょう?こうした疑問を解くために、天文学者から脳科学者まで多くの自然科学研究者が研究を続けています。ただ、これらの質問の答えは、実際には目で見ることができません。また、どんな天才でも、人間の頭の中だけで解き明かすこともできません。そこで、現在では、スーパーコンピューターをつかったシミュレーションなどの手法が使われています。今回のシンポジウムでは、コンピューターサイエンスの発展がいかに科学の発展に寄与しているかという視点で、宇宙から脳まで、さまざまな自然科学研究分野の最先端の研究者から「コンピューターが切り開く自然科学の未来」を解説します。
主   催 : 大学共同利用機関法人 自然科学研究機構
共   催 : 国立大学法人 名古屋大学、中日新聞社
後   援 : 愛知県教育委員会
Q & A : 当日参加者の皆様から寄せられた質問に対する回答です。
プログラム
13:00~13:10 機構長挨拶
佐藤 勝彦
自然科学研究機構 機構長
13:10~13:50 地球の誕生を観る
小久保 英一郎
自然科学研究機構国立天文台 教授
-
13:50~14:30 宇宙の夜明け -ファーストスター形成と巨大ブラックホールの起源-
吉田 直紀
東京大学 教授
-
14:30~14:50 休憩(20分)
14:50~15:30 超大規模シミュレーションが拓く気象学の最先端
坪木 和久
名古屋大学 教授
-
15:30~16:10 ビッグデータと数理モデル:経済物理学の先端で
高安 美佐子
東京工業大学 准教授
-
16:10~16:30 休憩(20分)
16:30~17:10 核融合:プラズマカレイドスコープ
伊藤 篤史
自然科学研究機構核融合科学研究所 准教授
-
17:10~17:50 脳の実スケール回路モデル ~行動制御の仕組みを探る
銅谷 賢治
沖縄科学技術大学院大学 教授
-
17:50~18:00 閉会挨拶
林 正彦
自然科学研究機構国立天文台 台長
※講演題目は全て仮題であり、講演者が変更する場合もあります。
ポスター・パンフレット・要旨集
<ポスター>   <パンフレット>   <要旨集>
第19回機構シンポジウムポスター   第19回機構シンポジウムパンフレット   第19回機構シンポジウム要旨集
自然科学研究機構シンポジウム メールマガジン

自然科学研究機構では、自然科学研究機構シンポジウムに関する情報を中心に、機構の活動や国立天文台・核融合科学研究所・基礎生物学研究所・生理学研究所・分子科学研究所のイベントなども紹介するメールマガジンを発行しております(不定期発行)。
配信を希望される方は、下記よりご登録ください。

自然科学研究機構シンポジウム・メールマガジン(無料)

お問い合わせ

自然科学研究機構 事務局企画連携課企画連携係
問合せ先アドレス