▲先頭に戻る

自然科学研究機構シンポジウム

第25回自然科学研究機構シンポジウム

開催概要
テ ー マ :
プラズマが拓く無限の可能性 ~エネルギー、医療、産業、そして宇宙~
日   時 : 2018年3月11日(日)12:50-16:10(開場 12:00)(予定)
会   場 : 名古屋大学理学南館 1階 坂田・平田ホール
愛知県名古屋市千種区不老町 (交通アクセス:名古屋大学東山キャンパス
定   員 : 250名、事前申込制(先着順)
申 込 方 法 : 下記から専用の申込みフォームにアクセスし、お申込みください。
※定員に達しない場合でも 3月8日(木)24時 で申し込みを終了します。
参 加 費 : 無料
主   催 : 大学共同利用機関法人 自然科学研究機構
後   援 : 国立大学法人 名古屋大学
概   要 :

私たちの日々の生活において、「プラズマ」という言葉を耳にする機会がますます増えています。しかし、一口にプラズマと言っても、真空に近い密度で太陽を越える超高温のものから人間が触ることができるものまで多種多様です。

本シンポジウムでは、プラズマを理解し使いこなすことが、私たちの暮らしにどのように貢献するのかを、エネルギー・医療・産業・宇宙それぞれの最先端研究を通してご紹介します。プラズマが拓く私たちの未来をぜひご覧ください。

プログラム
12:00~ 開場
~パネル展示~(展示会場にて研究所紹介など)
12:50~13:00 開会挨拶
小森 彰夫自然科学研究機構長
13:00~13:40 プラズマ研究の拡がり、人工太陽への挑戦
長壁 正樹 核融合科学研究所 大型ヘリカル装置計画実験統括主幹・教授
13:40~14:10 細胞を生かすプラズマ治療に向けて
石川 健治 名古屋大学大学院工学研究科 附属プラズマナノ工学研究センター 特任教授
14:10~14:40 日常の電子機器を支えるプラズマ
イヴァン・ガナシェフ 芝浦メカトロニクス株式会社 研究開発グループ 技監 中部大学 客員教授
14:40~15:00 休 憩(20分)
~パネル展示~(展示会場にて研究所紹介など)
15:00~15:30 生体材料の表面機能を操るプラズマ技術
大矢根 綾子 産業技術総合研究所 ナノ材料研究部門 主任研究員
15:30~16:00 宇宙プラズマの嵐から地球を守れ
草野 完也 名古屋大学 宇宙地球環境研究所長・教授
16:00~16:10 閉会挨拶
竹入 康彦自然科学研究機構 核融合科学研究所長
※演題及びプログラムは予定であり、予告無く変更する場合がございます。
ポスター・パンフレット・要旨集
<ポスター>   <チラシ>   <要旨集>
第25回機構シンポジウムポスター   第25回機構シンポジウムチラシ   準備中  

※画像をクリックするとPDFファイルが開きます。

お知らせ

本シンポジウムは、文部科学省の研究大学強化促進事業の支援を受けて行われます。
文部科学省の研究大学強化促進事業画像

自然科学研究機構シンポジウム メールマガジン

自然科学研究機構では、自然科学研究機構シンポジウムに関する情報を中心に、機構の活動や国立天文台・核融合科学研究所・基礎生物学研究所・生理学研究所・分子科学研究所のイベントなども紹介するメールマガジンを発行しております(不定期発行)。
配信を希望される方は、下記よりご登録ください。

自然科学研究機構シンポジウム・メールマガジン(無料)

お問い合わせ

第25回 自然科学研究機構シンポジウム 事務局(核融合科学研究所内)
電話:0572-58-2222(平日 8:30-17:15)
E-mail:sympo25@nins.jp