▲先頭に戻る

自然科学研究機構シンポジウム

第1回自然科学研究機構シンポジウム

開催概要
テ ー マ : 見えてきた!宇宙の謎。生命の謎。脳の謎。科学者が語る科学最前線
日   時 : 2006年3月21日(祝)
会   場 : サンケイホール
参 加 費 : 無料
主   催 : 大学共同利用機関法人 自然科学研究機構
後   援: 朝日新聞社、NHK
プログラム
   
10:00〜10:10 1.機構長挨拶:自然科学研究機構とは何か
自然科学研究機構長 志村 令郎
10:10〜10:15 2.本日のシンポジウムのコンセプトと概略説明
ジャーナリスト 立花 隆
10:15〜11:10 3.見えてきた!宇宙の謎、宇宙生命の謎
国立天文台 天文台長 海部 宣男
11:10〜12:05 4.見えてきた!生命の謎 生物はどこからきてどこに行くのか
基礎生物学研究所 教授 長谷部 光泰
12:05〜13:00 休憩&パネル・機器展示・体験コーナー
13:00〜13:55 5.もう一つの宇宙=脳の神秘が見えてきた
脳は不思議がいっぱい
生理学研究所 教授 柿木 隆介
13:55〜14:20 フェムト秒レーザーがとらえる脳の秘密
生理学研究所・東京大学 教授 河西 春郎
14:20〜14:45 休憩
14:45〜15:00 6.パネルディスカッション
21世紀はイメーイジング・サイエンスの時代

司会 岡崎統合バイオサイエンスセンター 永山 國昭
総論:科学は見る時代から見えないものを観る時代へ
岡崎統合バイオサイエンスセンター 教授 永山 國昭
15:00〜15:25 蛍光ラベル法で見た生物の発生過程
基礎生物学研究所 助教授 田中 実
15:25〜15:50 ナノの世界まで光で見えてしまう近接場光学
分子科学研究所 教授 岡本 裕巳
15:50〜16:15 位相差電子顕微鏡で見えてきた生き物のナノ世界
生理学研究所 教授 永山 國昭
16:15〜16:40 ボケもゆらぎもキャンセルしてしまう補償光学
国立天文台 研究連携主幹 家 正則
16:40〜17:05 イメージング計測が解明した核融合プラズマの謎
核融合科学研究所 教授 長山 好夫
17:05〜17:30 休憩
17:30〜18:30 パネルディスカッション
18:30〜18:45 7.総括と予告
立花 隆
18:45〜19:45 パネル・機器展示・体験コーナー
予稿集
第1回機構シンポジウム予稿集

※画像をクリックするとPDFファイルが開きます。

関連情報

東京大学立花ゼミウェブサイト
SCI(サイ)

お問い合わせ

自然科学研究機構 事務局企画連携課企画連携係
問合せ先アドレス