▲先頭に戻る

自然科学研究機構シンポジウム

第2回自然科学研究機構シンポジウム

開催概要
テ ー マ : 爆発する光科学の世界 -量子から生命体まで-
日   時 : 2006年9月24日(日)10:00〜17:30
会   場 : 東京国際フォーラム ホールB5
参 加 費 : 無料
主   催 : 大学共同利用機関法人 自然科学研究機構
後   援: NHK
プログラム
   
10:00〜10:05 機構長挨拶
自然科学研究機構長 志村 令郎
10:05〜10:10 趣旨説明
ジャーナリスト 立花 隆
10:10〜10:25 [新しい光源]
Overview
分子科学研究所 松本 吉泰
10:25〜11:05 光シンセサイザーを手のひらにーマイクロ固体フォトニクスの新展開
分子科学研究所 平等 拓範
11:05〜11:45 宇宙の光を地上でつくるーシンクロトロン光源
分子科学研究所 加藤 政博
11:45〜12:50 休憩
12:50〜13:30 [光と分子]
量子の波を光で制御する
分子科学研究所 大森 賢治
13:30〜14:10 光を吸う分子の木
分子科学研究所 江 東林
14:10〜14:50 光触媒がもたらす安全・安心な社会
神奈川科学技術アカデミー 藤嶋 昭
14:50〜15:05 休憩
15:05〜15:20 [光と生命体]
Overview
京都大学 三室 守
15:20〜16:00 葉緑体の光による細胞内移動
基礎生物学研究所 和田 正三  
16:00〜16:40 光を見る微生物のしくみ
総合研究大学院大学/基礎生物学研究所 渡辺 正勝
16:40〜17:20 発達する脳を光で見てみよう
生理学研究所 鍋倉 淳一
17:20〜17:25 総括
立花 隆
17:25〜17:30 閉会の挨拶
分子科学研究所長 中村 宏樹

※各講演の終了後、5分間で立花隆先生と講演者との対談を予定しております。
※その他、パネル展示も行います。

予稿集
第2回機構シンポジウム予稿集

※画像をクリックするとPDFファイルが開きます。

お問い合わせ

自然科学研究機構 事務局企画連携課企画連携係
問合せ先アドレス