▲先頭に戻る

自然科学研究機構シンポジウム

第7回自然科学研究機構シンポジウム

開催概要
テ ー マ : 科学的発見とは何か -「泥沼」から突然「見晴らし台」へ―
日   時 : 2009年3月20日(金・祝)10:00〜16:25
会   場 : 東京国際フォーラム ホールB5
参 加 費 : 無料
主   催 : 大学共同利用機関法人 自然科学研究機構
後   援: 朝日新聞社、NHK、総合研究大学院大学
Q & A : 当日参加者の皆様から寄せられた質問に対する回答です。
プログラム
10:00〜10:05 機構長挨拶
自然科学研究機構 機構長 志村 令郎
10:05〜10:20 趣旨説明
立花 隆
10:20〜10:50 研究の駆動力:小さな発見の喜び
基礎生物学研究所 教授 大隅 良典
10:50〜11:20 偶然の発見 -銀河中心の巨大ブラックホール
筑波大学 教授 中井 直正
11:20〜11:50 発見の瞬間 -地面の上の方程式
核融合科学研究所 教授 伊藤 公孝
11:50〜13:20 休憩
13:20〜13:50 大腸菌熱ショック現象の発見から霊長類の脳研究へ
基礎生物学研究所 教授 山森 哲雄
13:50〜14:20 活動する細胞、光る細胞 ―イメージング神経科学事始め―
東京薬科大学 名誉教授 工藤 佳久
14:20〜14:50 原子の囁きに耳を澄まし、分子の生き様を見る
分子科学研究所 教授 加藤 晃一
14:50〜15:20 休憩
15:20〜16:20 パネルディスカッション
立花隆
高エネルギー加速器研究機構 特別栄誉教授 小林 誠
JT生命誌研究館 館長 中村 桂子
科学ジャーナリスト 田村 和子
ソニー株式会社 元上席常務 天外 伺朗
16:20〜16:25 閉会の挨拶
自然科学研究機構 理事 勝木元也

※各講演の終了後、5分間で立花隆先生と講演者との対談を予定しております。
※その他パネル展示も行います。

予稿集
第7回機構シンポジウム予稿集

※画像をクリックするとPDFファイルが開きます。

シンポジウムの様子
会場の様子   パネルディスカッションの様子1
会場の様子   パネルディスカッションの様子
     
パネルディスカッションの様子2   パネルディスカッションの様子3
     
関連情報

東京大学立花ゼミウェブサイト
立花ゼミウェブサイト

お問い合わせ

自然科学研究機構 事務局企画連携課企画連携係
問合せ先アドレス