▲先頭に戻る

自然科学研究機構シンポジウム

第12回自然科学研究機構シンポジウム

開催概要
テ ー マ : 知的生命の可能性 ―宇宙に仲間はいるのかⅢ―
日   時 : 2012年3月20日(火;祝)10:00~17:20
会   場 : 東京国際フォーラム(ホールB5)
   東京都千代田区丸の内3-5-1
【中  継】: 岡崎コンファレンスセンター
   愛知県岡崎市明大寺町字伝馬8-1
参 加 費 : 無料
主   催 : 大学共同利用機関法人 自然科学研究機構
Q & A : 当日参加者の皆様から寄せられた質問に対する回答です。
シンポジウムの様子
写真(講演の様子)   写真(講演の様子2)
講演の様子   講演の様子
     
写真(パネルディスカッションの様子)   写真(パネル展示の様子)
パネルディスカッションの様子   パネル展示の様子
プログラム
10:00~10:20

機構長挨拶
佐藤 勝彦(自然科学研究機構・機構長)

趣旨説明
岡田 泰伸(自然科学研究機構・理事)

講演Part1:最近の成果と知見に基づいた天文学からの問いかけ
司会:岡田 泰伸(自然科学研究機構・理事、生理学研究所・所長)
10:20~10:45 地球型惑星の頻度とドレーク方程式
田村 元秀(国立天文台・准教授)
10:45~11:10 地球型惑星におけるバイオマーカー
藤井 友香(東京大学・博士課程)
11:10~11:50 知的生命探査SETIとSKA時代への期待
平林  久(JAXA・名誉教授)
11:50~13:00 昼休み
講演Part2:地球における知的生命とその進化
司会:観山 正見(自然科学研究機構・理事、国立天文台・台長)
13:00~13:35 地球上で脳はどうやって進化したのか
-散在神経系から集中神経系への移行過程-
阿形 清和 (京都大学・教授)
13:35~14:10 生物のコミュニケーションの進化について -人類学的立場から
斎藤 成也(国立遺伝学研究所・教授)
14:10~14:30 休憩
講演Part3:地球における知とは何か、コミュニケーションとは何か
司会:岡田 清孝(自然科学研究機構・理事、基礎生物学研究所・所長)
14:30~15:05 知の始まり:知性と環境 ?感覚・知覚の「シェアド・リアリティ」をめぐって
下條 信輔 (カリフォルニア工科大学・教授)
15:05~15:40 社会的知:脳機能イメージング手法を用いたヒトの社会能力の解明
定藤 規弘 (生理学研究所・教授)
15:40~16:15 知の未来:地球外知的生命体は自身の脳の解読と制御はできるのか?
川人 光男 (国際電気通信基礎技術研究所 脳情報通信総合研究所・所長、ATRフェロー)
16:15~16:30 休憩
16:30~17:10 パネルディスカッション:
地球外知的生命探査における天文学・生物学・脳科学の役割
司会: 立花 隆
     佐藤 勝彦
     岡田 泰伸
     鳴沢 真也 (兵庫県立西はりま天文台公園・主任研究員)
     斎藤 成也
     下條 信輔
     川人 光男
17:10~17:20 閉会の挨拶
観山 正見 (自然科学研究機構・理事)
ポスター・パンフレット
<ポスター>   <パンフレット>
第12回機構シンポジウムポスター   第12回機構シンポジウムパンフレット

※画像をクリックするとPDFファイルが開きます。

お問い合わせ

自然科学研究機構 事務局企画連携課企画連携係
問合せ先アドレス