▲先頭に戻る
  • トップページ
  • 共同利用・共同研究等 >
  • 融合発展促進研究プロジェクト

融合発展促進研究プロジェクト

  • 融合発展促進研究プロジェクト公募要領(PDF)
  • (別紙様式)研究課題申込書(MS Word)

     自然科学研究機構では自然科学の新たな展開を目指して新しい学問分野の創出とその発展を図ることをミッションとしており、平成30年度に発足予定の次世代生命科学センター(仮称)で推進する新たな生命科学研究領域の探索のために、以下の2つの研究プロジェクトを推進する挑戦的な研究課題を公募いたします。
     1.挑戦的理工学・生命科学融合研究プロジェクト
     2.挑戦的情報科学・生命科学融合研究プロジェクト

応募要領

1.研究内容詳細
公募要領参照
2.応募課題
生命の理解を深化させるために、これまでの生命科学研究に対してブレークスルーをもたらすような革新的な研究技術や新たな概念の構築に挑戦する研究課題を募集する。
3.応募研究組織
各研究課題は研究代表者と、機構内外の共同研究者または連携研究者で構成する組織で推進すること。各研究者の担当内容を具体的に記載すること。挑戦的理工学・生命科学融合研究プロジェクトにおいては理工学のチームと生命科学のチーム、挑戦的情報科学・生命科学融合研究プロジェクトにおいては、情報科学のチームと生命科学のチームで構成されることが望ましい。
4.採択件数
各研究プロジェクト 3-5件程度
5.研究期間
平成28年10月1日(予定)~平成30年3月31日の2年度(平成28年度、29年度)
6.研究経費
単年度あたり300万円、全期間で600万円を上限とする。ただし、それ以上の経費が必要な場合は年度ごとに必要経費と理由を明記すること。
7.応募締切
平成28年8月31日(水)
8.応募方法
研究代表者が、共同研究者、連携研究者の承諾を得たうえで、別紙様式『自然科学研究機構「融合発展促進研究プロジェクト」研究課題申請書』を作成し、期限内に提出先に提出すること。
9.審査方法
自然科学研究機構に設置した次世代生命科学センター(仮称)設置準備委員会の下に置かれた運営ワーキンググループ※において審査し、次世代生命科学センター(仮称)設置準備委員会において決定します。必要に応じて、研究代表者からヒアリングを行うこともあります。
10.実績報告
年度ごとに実績報告を提出していただきます。
11.評価
提出いただいた実績報告に基づき、運営ワーキンググループにおいて中間評価及び最終評価を行います。なお、中間評価の結果によっては、2年目の経費の増減、打ち切りもありえます。
12.照会先・提出先
自然科学研究機構事務局企画連携課研究支援係(新分野創成センター事務担当)
メールアドレス: cnsi-jimu(at)nins.jp

※運営ワーキンググループ:研究プロジェクトごとに運営ワーキンググループを設置して、研究総括及びアドバイザーを置き、研究課題の公募・審査・採択及び評価を行うとともに、採択した個々の研究課題、プロジェクト内およびプロジェクト間の研究推進のための調整を行います。