ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 教育・人材育成
機構で学ぶ 概要
総合研究大学院大学
大学院生受け入れ
若手人材育成の取組

本文

大学院教育・若手育成

印刷用ページを表示する 更新日:2022年8月8日更新

大学院教育協力

大学院教育協力の写真

 自然科学研究機構は、総合研究大学院大学における大学院教育の基盤機関として、国立天文台に物理科学研究科の天文科学専攻が、核融合科学研究所に物理科学研究科の核融合科学専攻が、基礎生物学研究所に生命科学研究科の基礎生物学専攻が,生理学研究所に同研究科の生理科学専攻が、分子科学研究所に物理科学研究科の構造分子科学専攻と機能分子科学専攻がそれぞれ置かれています。各研究所に所属する教官は、例えば分子科学研究所教授であるのと同時に、総合研究大学院大学教授となり、研究所の研究活動を行うと共に、総合研究大学院大学の大学院教育にも当たっています。

総合研究大学院大学とは

 本機構のような大学共同利用機関を活用し、幅広い視野を持った国際的で独創性豊かな研究者の養成と、従来の学問分野の枠を越えた独創的学術研究の開拓・推進を目指して、1988年に我が国最初の大学院大学として創設されました。

詳細はこちら

特別共同利用研究員とは

 本機構のような大学共同利用機関が、国・公・私立大学の要請に応じて、当該大学院学生を「特別共同利用研究員」として受け入れるとともに、研究指導を行うものです。

詳細及び申請書書式はこちら

総合研究大学院大学在籍学生数

研究科 令和3年度
専攻 基盤機関 在籍学生数
物理科学研究科 天文科学専攻 国立天文台 29
核融合科学専攻 核融合科学研究所 23
生命科学研究科 基礎生物学専攻 基礎生物学研究所 36
生理科学専攻 生理学研究所 36
物理科学研究科 構造分子科学専攻 分子科学研究所 17
機能分子科学専攻 分子科学研究所 20
161

特別共同利用研究員受入状況

 
機関名 令和3年度
国立大学 公立大学 私立大学 海外機関
修士 国立天文台

核融合科学研究所

基礎生物学研究所

生理学研究所

分子科学研究所

博士 国立天文台

核融合科学研究所

基礎生物学研究所

生理学研究所

分子科学研究所

37 43