ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 規程・規則・情報公開 > 役職員への兼業・兼職依頼
ハラスメント等防止

本文

役職員への兼業・兼職依頼

印刷用ページを表示する 更新日:2020年12月2日更新

兼業・兼職依頼について

 自然科学研究機構では、役職員(非常勤職員除く。)が兼業・兼職を行う場合は、機構内諸規程で定める許可基準に基づき、事前に許可を受けなければならないこととなっております。
 本機構の役職員に対し、兼業・兼職を依頼される際は、機構の各機関等の担当連絡先にご依頼くださるようお願いいたします。

※兼業:機構役職員が報酬の有無にかかわらず、継続的又は定期的に職を兼ねる場合
※兼職:本務との関連性により、無報酬で、勤務時間内に職務として従事させる場合

依頼方法

 本機構の役職員に兼業・兼職を依頼される場合は、様式「兼業・兼職に係る依頼書・許可申請書」をダウンロードし、必要事項をもれなく記入の上、ご依頼の職務の詳細について記載のある資料等を添えて、電子メールもしくは郵送にてお送りくださるようお願いいたします。
 なお、依頼状の送付先は、依頼状の名義人(自然科学研究機構長)にかかわらず、当該役職員の所属する機関等の担当係宛にお送りくださるようお願いします。(送付先はお問い合わせ先・書類等の送付先をご参照ください。)​

依頼時期

 原則として、兼業・兼職開始希望日の1ヶ月前までにお願いします。
 依頼日から許可希望日までの期間が短い場合には、ご希望日に添えないことがあります。
 その場合は、本機構の許可日からとなります。

本機構からの回答

​ 原則として回答文書をお送りしないこととしております。
 なお、事務処理等における都合上、回答文書が必要である場合は、お送りいただいた「兼業・兼職に係る依頼書・許可申請書」の下段に、許可日を記入したものを電子メール又はFAXにて送信いたしますので、ご依頼の際にその旨お申し出願います。
 また、依頼元機関の所定の様式による回答文書が必要な場合は、ご依頼の際、所定の様式を電子メール又は郵送(郵送での回答を希望する場合は、宛先が明記された返信用封筒を同封いただきますようご協力願います。)で、お送りくださるよう併せてお願いします。

留意事項

  • 任期の定めのある役職員における兼業・兼職の従事期間については、本機構での任期満了の日までを限度として許可することになります。
  • 非常勤職員(特定契約職員、短時間契約職員)の兼業・兼職については、事前の許可は必要ありませんが、本機構職員倫理規程に抵触するような行為はできかねますので、あらかじめご了承ください。

お問い合わせ先、書類等の送付先

※ メールアドレスの「(at)」は「@」に置き換えてください
対象役職員所属機関等 担当連絡先
役員(機構長・理事※・監事)
新分野創成センター
国際連携研究センター
研究力強化推進本部
※台長・所長は各所属機関が担当となります

自然科学研究機構事務局 総務課人事係
〒105-0001
東京都港区虎ノ門4-3-13
ヒューリック神谷町ビル2階
電 話:03-5425-2035
E-mail:nins-jinji(at)nins.jp

国立天文台
アストロバイオロジーセンター
国立天文台 事務部総務課職員係
〒181-8588
東京都三鷹市大沢2-21-1
電 話:0422-34-3654
E-mail:shokuin(at)nao.ac.jp
核融合科学研究所 核融合科学研究所 管理部総務企画課職員係
〒509-5292
岐阜県土岐市下石町322-6
電 話:0572-58-2012
E-mail:shokuin(at)nifs.ac.jp
基礎生物学研究所
生理学研究所
分子科学研究所
岡崎共通研究施設
生命創成探究センター
岡崎統合事務センター 総務部総務課労務係
〒444-8585
愛知県岡崎市明大寺町字西郷中38
電 話:0564-55-7114
E-mail:r7114(at)orion.ac.jp

 

様式・記入例・関係規程

 

役職員への兼業・兼職手続きのフロー

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)