ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 規程・規則・情報公開 > 研究代表者等人件費の活用方針
自然科学研究機構規程集
ハラスメント等防止

本文

研究代表者等人件費の活用方針

印刷用ページを表示する 更新日:2021年11月19日更新

 

大学共同利用機関法人自然科学研究機構における研究代表者等人件費の活用方針

令和3年10月21日

 競争的研究費の直接経費からの研究代表者(PI)の人件費の支出により確保された財源(以下「PI等人件費相当財源」という。)を活用して、自然科学研究機構(以下「機構」という。)の研究者及び研究機関双方の研究力の向上を図る。

1. 機構の研究力の向上に向けた目標は、以下のとおりとする。

(1) 研究者が安定して研究に専念できる環境の整備を行う。
(2) 多様かつ卓越的・挑戦的な研究を支援する体制の強化を図る。

2.上記の目標を達成するための具体的な経費の使途・活用策として、以下の支援等を行う。

(1) 以下に掲げるPI等人件費相当財源に係る研究代表者等への研究力強化の支援を行う。

  1.  研究代表者等特別手当の支給
  2. インセンティブ経費の配分

(2) PI等人件費相当財源に係る研究代表者等の所属する機関等の研究力強化に資する施策を行う。

3 本方針の実施にあたる留意事項等は、以下のとおりとする。

(1) 競争的研究費の直接経費からの人件費の支出は、研究代表者等の選択に委ねられるものであり、
    機構がその支出を強制するものではない。
(2) 本方針に掲げる目標の達成に向け、人事給与マネジメントの改革等と併せて取り組む。
(3) 本方針については、機構に所属する研究者の意向等も踏まえ、必要に応じて見直しを行う。

競争的研究費の直接経費から研究代表者(PI)の人件費の支出について [PDFファイル/607KB]

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)