ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 個人情報が含まれたノートPCの盗難による紛失について

本文

個人情報が含まれたノートPCの盗難による紛失について

印刷用ページを表示する 更新日:2019年12月26日更新

 2019年11月25日、総合研究大学院大学(天文科学専攻[1])の学生が、海外で盗難被害に遭い、自然科学研究機構の情報資産であるノートPCを紛失しました。

 本機構の情報セキュリティポリシーに違反して当該PCは脆弱なパスワードが使用されており、かつ内蔵ストレージの暗号化がなされておりませんでした。そのため、紛失したノートPCに当該学生が保存していた個人情報が漏洩した可能性がございます。

 本機構においては、情報セキュリティポリシーの遵守・徹底に努めて参りましたが、このような事態を招きましたことを深くお詫び申し上げます。

 

 なお、漏洩した可能性のある情報は当機構の情報ではなく、総合研究大学院大学学生の情報であるため、経緯及び盗難被害に遭ったPCに保存されていた個人情報の内容につきましては、総合研究大学院大学の公表資料をご覧ください。

【 総合研究大学院大学の本件にかかる公表 】

 

再発防止に向けた今後の取組

 本機構では、2016年9月より、外部に持ち出すノートPC等の暗号化の取り組みを進めて参りましたが、このような事態を招いたことを深く反省し、情報セキュリティポリシーが遵守されるよう、情報システム管理者に対して情報セキュリティ教育を行い、自己点検を徹底するとともに情報セキュリティ監査により実施状況を確認します。

 また、総合研究大学院大学とも連携して、本機構に所属する総合研究大学院大学専攻長、指導教員に対して情報セキュリティポリシーの教育の重要性を再認識させるほか、学生に対しても情報セキュリティポリシーの遵守を徹底するよう情報セキュリティ教育を行い、再発防止に努めてまいります。

 

 何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。

 

sign

 

 

 

 

 

 

 

 

 


[1] 自然科学研究機構国立天文台は、総合研究大学院大学を構成する研究機関の1つであり、総合研究大学院大学物理科学研究科天文科学専攻の大学院教育を担っています。