▲先頭に戻る
第24回自然科学研究機構シンポジウムバナー画像分野融合型共同研究事業バナー画像

新着情報

  • ALL
  • NAOJ
  • NIFS
  • NIBB
  • NIPS
  • IMS
2017.8.8
NIBB
地球とは異なる光環境における光合成:系外惑星における生命探査の指標となる波長の新たな予測
2017.8.1
NIBB
哺乳類高次クロマチンでのRNAの機能を発見 〜タンパク質をコードしないRNAが染色体の安定化に寄与〜
2017.7.25
NIBB
遺伝子撹拌装置をタイミング良く染色体から取り外す仕組み ~減数分裂期に相同染色体間の遺伝情報交換を促す高次染色体構造の解体を指揮するシグナリングネットワークを特定~
2017.7.20
NIBB
女王アリの精子貯蔵器官ではたらく遺伝子を特定 〜10年以上もの間、精子を常温で貯蔵できる謎の解明の鍵〜
2017.7.17
NIBB
神経膠腫(グリオーマ)のがん幹細胞に対する創薬標的分子PTPRZの同定と、そのアロステリック阻害剤の研究開発
2017.5.31
NIBB
多能性幹細胞について、転写因子ZIC2を中心とした、定説を覆す新しい制御機構を発見 〜iPS細胞をはじめとした多能性幹細胞の研究の新展開を期待〜
2017.5.15
NIBB
幹細胞化する細胞がとなりの細胞の幹細胞化を抑制することをコケ植物で発見
2017.4.27
NIBB
アフリカツメガエルの卵が発生する様子をニコニコ生放送で48時間生中継します
2017.4.12
NIBB
リアルなヴァーチャルメダカ、メダカの群れ形成メカニズム解明に貢献
2017.4.4
NIBBNIPSIMS
【障害情報】現在岡崎3機関宛てのメール送信に問題が発生しています。
2017.8.9
IMS
有機結晶中の伝導電荷が振動の十二単をまとう :分子・結晶設計に振動効果の重要性を示す(解良教授ら)
2017.8.7
IMS
SPring-8 を用いた精密構造解析による分子軌道分布の可視化法を開発、電子状態の直接観測に成功 ―電荷分布観測による新たな分子設計への提案― (中村准教授ら)
2017.7.21
IMS
高エネルギー電子による光渦放射の精密観測に成功(加藤政博教授ら)
2017.7.11
IMS
ガンマ線の光渦を発生させる手法を発見 -新しい同位体分析や非破壊検査技術への応用が期待される-(加藤政博教授ら)
2017.6.28
IMS
完全大気圧下での光電子分光測定に世界で初めて成功(横山教授、高木助教ら)
2017.6.21
IMS
動物プランクトンの脳ではたらく、紫外線センサータンパク質(古谷グループら)
2017.6.2
IMS
トポロジカル絶縁体を強磁性にする新たな方法を発見 -量子異常ホール効果を利用したデバイス開発へ進展-(田中准教授、横山教授ら)
2017.5.23
IMS
味を感知する受容体のセンサー領域の立体構造を初めて解明(秋山教授ら)
2017.4.18
IMS
有機単結晶エレクトロニクスの扉を開く ―ドーピング有機単結晶のホール効果測定に世界で初めて成功―(平本教授ら)
2017.4.11
IMS
石崎章仁教授が平成29年度科学技術分野の文部科学大臣表彰・若手科学者賞を受賞

学塾研究とは?

イメージ

 「学術」の研究とは、自然、人間、社会におけるあらゆる現象の実態解明や基本原理の発見を目指し、知的好奇心・探究心から発する自由な発想をもって行う知的創造活動です。古来人類は、役に立つか否かにかかわらず、これは何?それは何故? と問い続けながら、他の生き物の世界にはない「知の体系」を築き上げてきました。

大学共同利用機関って何?

イメージ

 自然科学研究機構は、5つの大学共同利用機関(国立天文台、核融合科学研究所、基礎生物学研究所、生理学研究所、分子科学研究所)によって構成されています。各機関が、それぞれの分野において先導的な役割を果たすとともに、自然科学研究機構として相互に連携することで、自然科学系の学際的・国際的研究拠点を形成することを目指しています。