▲先頭に戻る
NOUS_NewOpen

新着情報

  • ALL
  • NAOJ
  • NIFS
  • NIBB
  • NIPS
  • IMS
2018.1.18
NIBB
栄養状態に応答して有性生殖を開始させる経路上で、tRNAの前駆体がTOR複合体1の活性制御の鍵を握る
2018.1.11
NIBB
不活性染色体の基盤構造を解明 〜癌、メタボリックシンドローム、感染症などをターゲットとした創薬研究に重要な基盤情報を提供〜
2018.1.9
NIBB
花を作る遺伝子の起源推定に成功
2017.12.8
NIBB
コンドロイチン硫酸プロテオグリカンに対するプロタミンの中和作用の発見 〜髄鞘再生を促す薬剤開発のための細胞スクリーニング系の開発〜
2017.12.7
NIBB
からだの前後のパターンは"点描"で描かれていた 〜シグナル分子(モルフォゲン)の足場となる点状構造の発見とその役割の解明〜
2017.11.21
NIBB
長期記憶形成に必須な分子メカニズムを特定 ~タンパク質の設計図を神経樹状突起へ局在化させる因子が不可欠~
2017.11.8
NIBB
大隅良典基礎生物学研究所名誉教授の2016年ノーベル生理学・医学賞の受賞を記念したモニュメントの除幕式を行いました
2017.11.7
NIBB
細胞の集団移動の方向性を決める仕組みの発見 ~ERK分子活性の細胞間伝搬とは逆方向に細胞が動く~
2017.10.24
NIBB
ラン藻由来の光合成色素を動物細胞で効率よく合成させることにより赤色光/近赤外光による細胞機能の光操作の簡便化に成功
2017.10.6
NIBB
陸上植物の祖先の特徴をもつ苔類ゼニゴケの全ゲノム構造を解明
2018.1.18
NIPS
神経細胞の脳内の位置を決定するしくみ
2018.1.17
NIPS
脂肪と炭水化物の食べ分けを決める神経細胞を発見--食物嗜好性を決定する脳内機構の解明に期待--
2017.12.22
NIPS
新生児期に存在する脳障害後の神経再生メカニズムを発見 (―新生児脳障害に対する再生医療への応用に期待―)
2017.12.15
NIPS
交感神経は、脂肪細胞産生ホルモン・レプチンによる骨格筋での糖取込み促進作用に必須である -インスリンの働きを高める脳から骨格筋までの経路を解明し、肥満・糖尿病の予防と治療に期待-
2017.11.6
NIPS
自分の行動が相手から評価されるときの脳の働きの一端を解明-社会的やりとりに伴う線条体の活動は感覚野と内側前頭前野の信号から惹起される-
2017.11.6
NIPS
世界最大のウイルス「ピソウイルス」の詳細な構造を低温電子顕微鏡で解析
2017.11.6
NIPS
世界最大のウイルス「ピソウイルス」の詳細な構造を低温電子顕微鏡で解析
2017.10.31
NIPS
アラームシグナルATPを細胞外に放出するアニオンチャネルの分子の新規同定 ~心筋梗塞の新しい治療・予防法の開発に期待~
2017.10.5
NIPS
緑内障発症の新たな分子メカニズムを発見 -P2Y6受容体機能低下が眼圧上昇を引き起こす-
2017.9.29
NIPS
柔軟な行動選択を行う脳内メカニズムの発見-目標行動を抑制する脳領域機能の一端を解明-

学塾研究とは?

イメージ

 「学術」の研究とは、自然、人間、社会におけるあらゆる現象の実態解明や基本原理の発見を目指し、知的好奇心・探究心から発する自由な発想をもって行う知的創造活動です。古来人類は、役に立つか否かにかかわらず、これは何?それは何故? と問い続けながら、他の生き物の世界にはない「知の体系」を築き上げてきました。

大学共同利用機関って何?

イメージ

 自然科学研究機構は、5つの大学共同利用機関(国立天文台、核融合科学研究所、基礎生物学研究所、生理学研究所、分子科学研究所)によって構成されています。各機関が、それぞれの分野において先導的な役割を果たすとともに、自然科学研究機構として相互に連携することで、自然科学系の学際的・国際的研究拠点を形成することを目指しています。