情報公開
兼業・兼職 プライバシーポリシー 調達情報(事務局) 機関別の調達情報 企画競争を前提とする公募 意見招請 随意契約事前確認公募 事務局職員採用情報 よくある質問(FAQ) 労働施策総合推進法に基づく中途採用比率の公表

共同利用・共同研究

国際連携・国際共同研究

NINS - DAAD(Q&A)

Q & A List

Q1: ドイツの協力相手としては、大学以外で例えばMax PlanckとかHelmholtzの研究所も含まれますか。

A1: プログラム全体説明文(Guidelines)に書いてありますように、ドイツ側の研究機関はGerman universities, higher education institutions and research institutionsと定義されていますので、含まれます。

Q2: ドイツの共同研究者と協力してこの事業に申請するには、具体的にはどのようなことをする必要がありますか。

A2: プログラム全体説明⽂(Guidelines)に書いてありますように、この事業は研究費の補助でなく、 国際共同研究推進のための交流旅費の補助を⾏います。国際共同研究そのものは、別の資⾦によって実施されていること、 あるいは実施する計画であることが必要条件になります。ドイツ側とこのことについて協議した上で、その上でこの事業に応募して頂きます。 交流のための旅費は、⽇本⼈の分は⽇本側で、ドイツ⼈の分はドイツ(DAAD)側で、それぞれ別々に⽀援します。申請書類は、交流計画の申請書と国際共同研究についての研究計画書を、⽇本側とドイツ側とで別々に提出して下さい。 その上で、⽇本側とドイツ側とで共通の1ページの要約(Abstract)を、両⽅で提出して下さい。

この国際事業についてのDAADのウェブサイトは以下のとおりです。

NINS-DAADドイツ側募集サイト(外部リンク)

Q3: 予算の申請の上限額はどうなっていますか。

A3: ⽇本側の予算額についてはプログラム全体説明⽂(Guidelines)に説明してあります。 ドイツ(DAAD)側は、⼀年あたりの上限額は18,000ユーロとされています。 ドイツの研究者との協議の上で、両者の実際の申請額を決定してください。無理に総額を合わせる必要はありませんが、およそ対等とすることがこれまでの両者の協議では想定されています。

Q4: 審査はどのように行われますか。

A4: 日本側とドイツ(DAAD)側とで、それぞれ審査委員会が組織されます。
委員会では(日本とドイツそれぞれで)提出されたInformation SheetとResearch Proposalに基づいて審査を行い、採択候補リストを作成します。
その後日独の合同審査会を開き、1ページの要約(Abstract)を参考にしながら、共通の採択結果を決定します。

Q5: ドイツのDAADと組んだ国際協⼒プログラムとしては、 JSPS(⽇本学術振興会)の⼆国間交流事業もありますが、この事業と重複して応募することは可能ですか。

A5: ルールとしては、日本側とドイツ側と、どちらにおいても重複申請に対する制限はありません。
ただしDAAD側では、両者の審査が共通の委員会で審査されることが予想され、その場合は重複申請によって不利となる要因がいくつか考えられます。
詳しい事情については、機構本部の国際企画係にお問い合わせ下さい。

Q6: Guidelinesを読むと、この事業の参加者として、若手研究者を積極的に含めることが強調されていますが、一方JSPSの募集ではそのような制限は特に見当たらないようです。二つの公募事業の性格に差があるのですか。

A6: JSPSの国際事業も、ドイツの相⼿⽅としてはIPEPと同じDAADです。若⼿の参加を積極的に 推奨する⽅針はDAADからの要請であり、DAAD側の公募要領をよく読むとそのことが記載されています。従って若⼿研究者を積極的に⽀援する⽅針は、両⽅の事業で共通の理念と思われます。

get_adobe_reader.png
PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。 Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)